読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Appleがいつまでたってもにほんごのスペルチェックを入れてくれない

AppleがていきょうしているIMEはとても優秀で、どうして世間ではATOKなどがもてはやされているのかさっぱりわからないのだけど、それでもやはり不満はある。
最大の不満は、スペルチェックを全くしてくれないことだ。
日本語のIME業界では、なぜかスペルチェックを当たり前のものとして考えていない。それはきっと技術的に難しい部分があるからだろうとは思うものの、全く不可能であるはずがない。日本語と似た種類の困難に直面しそうな中国語のIMEでも、少なくともApple製のものであれば、部分てきなスペルチェックを搭載している。
私にとってスペルチェックはとても大切なもので、スペルチェックを使うことなしには、快適な文字入力はできない。iPhone のキーボードが素晴らしかったのは、それが日本ではほとんどゆいいつの、ブラインドタッチができるモバイルキーボードだったからだ。しかし、それはあくまで英語をはじめとするスペルチェックをサポートされている言語での話で、日本語母語話者である私には恩恵が少なかった。
そこで、すこし手間をかけて、日本語スペルチェックを出来損ないであっても自分でどうにかして実現してみようと考えて、以下のことをやってみた。

Apple製のものであれば iCloud を経由して同期できるテキスト入力のショートカット機能。ここに日本語で起こりそうなスペルミスをさき周りして登録しておいて、まちがえて入力してしまっても、変換候補の中から修正先を選べるようにしておくというもの。